【白髪染めの種類】ヘアカラーの白髪染めで直接染色

 

 

白髪染めを使用する年代は40代を超えたあたりからというイメージが強くありますね。

最近は整髪料やヘアカラーなどを多用することによって頭髪が傷んでしまっている若年層が増えていることもあって若いうちから白髪染めを使用して対策をしている人も増えてきています。

しかし、白髪染めと言っても真っ黒に染まるタイプを使用するのではなく色がついているタイプを使用することが多くなっているのでマニキュアタイプやヘナなどを使用するのではなく白髪染めに対してもヘアカラーを使用するケースが少なくありません。

ヘアカラーは強い着色力があるということもあって高い効果が期待される一方で、頭髪や頭皮に対して与える刺激が強いという難点があります。

やはり刺激が強いと頭皮にはよくありませんからね。

なので使用することによって薄毛の原因を作ってしまうことがあることを考えると使用におけるメリットについては一長一短の部分があります。

最近では若い世代のヘアトラブルは、こうしたパーマやヘアカラーなどの影響も少なくありません。

白髪染めの中にはさまざまな種類がありますが、それぞれのタイプによって作用の仕方は違っているので、自分の頭皮や頭髪の状態から考えてマッチするものを選んで使用することをおすすめします。

また、ヘアカラーの場合だと自分ですると色ムラができやすいなどのデメリットがあるので、美容室に入って染めてもらうのも方法の一つとしてあり、自分で染める場合と違って色ムラがでにくいので安心です。

ただし、2週間程度で髪の毛がはえてきて白髪が目立ってきますから再び色を入れないといけないのでコストは余計にかかってしまう懸念材料もあります。

 

ヘアカラーでアレルギー

 

ヘアカラーが始めての方、したことがある方でも体質などの変化により頭皮が赤くなったりかぶれたりする場合があるようですから注意が必要です。

中には結婚式などを控えていてどうしてもヘアカラーしなけばならない状況の方もいらっしゃると思います。

そんな時は体質によっておこるかぶれなどがないかを調べる皮膚アレルギーのパッチテストをすることがおすすめです。

このテストはヘアカラーを行う2日前(48時間前)に行います。

詳しい手順については日本ヘアカラー工業会で動画で説明しています。

 

負担の少ない白髪染めならマニキュアタイプ

白髪染めを使用する目的として生えてきている白い髪(生え際)を隠すことがありますが、薄毛と違って多くの人が加齢に伴って白髪の症状に悩まされるようになりますから、男性だけでなく女性も白髪染めを使用して対策をするようになります。

使用する年代や年齢層についてはバラつきがあり、若い人でも早いうちから使用して備えていることがあります。

薄毛と違って白髪染めを使って白髪の部分を染めるだけで簡単に対策をすることができるのが利点です。

しかし40代以上になってくると頭皮や頭髪の環境が弱ってきているため、場合によっては白髪染めを使用することによって頭髪の負担を増やしてしまい薄毛を促してしまう場合もあるので気をつける必要があります。

頭髪や頭皮に対しての負担をできるだけ抑えるという部分に軸を置く場合はマニキュアタイプをおすすめしますが、色を抜いて色を入れるというタイプではなく肌への刺激が少ない成分で色を直接的につけるのが目的となっているので使用についてのリスクはかなり小さくなっています。

ただし、マニキュアタイプの場合は色が落ちやすいというデメリットもあり、髪質によってはなかなか色が入らないことによって色ムラが顕著になってしまうこともあります。

そのため、白髪の状況や頭皮、頭髪の状態によって使い分けることをおすすめしますが、肌が強い場合はマニキュアタイプではなくカラーリングを使ってきれいに染め上げる方が仕上がりはきれいになる場合がほとんどです。

 

マニキュアタイプの白髪染め選びのポイント

あなたはヘアマニキュアを選ぶ際に何を基準に選びますか?

値段が安いことはもちろんですが、

「髪と頭皮に負担の少ないもの」

これが一番ではないでしょうか。

市販の一般的なヘアマニキュアだとやはり、髪や肌への負担がありますから、選ぶなら無添加タイプがベストです。

簡単に染まるか?
どのくらいもつのか?
肌への刺激は?

これらを考慮して選ぶなら

低刺激である
ダントツに染まりやすい
特許成分を配合することで色落ちしにくくしている

これらを留意して選びたいですね。

男性と女性の白髪と薄毛の違い

 

 

男性と女性では白髪のパターンに特徴的な違いが現れることもありませんが、薄毛については男性がなりやすく女性はなりにくい特徴があります。

これはドラッグストアで販売されている育毛剤の種類などを見ても分かると思います。

しかしながら白髪の進行速度に関しては男性も女性もそこまで大きな違いはないので、白髪染めについては男性用や女性用が均等して販売されています。また、髪の毛の総量が女性の方が多いことやより白髪染めで隠したがるのが女性であることもあって女性の白髪染めの方が種類は多くなっています。

また、白髪染めは通販などを通じても購入することができるようになっているので自宅にいながらでも人目を気にすることなく購入することができますが、薄毛を改善するための育毛剤についても購入する手段にはいろいろあるので安心して入手することができます。

ただし、気をつけないといけないのは男性の薄毛の症状は男性ホルモンの作用が働くことによって症状が起こる場合が多くなっています。

一方の女性についてはどちらかというとストレスや出産前後のホルモン分泌の不安定化が起因することが多いため、根本的な要因は異なっています。

育毛剤を購入して使用する場合は間違えない選び方をすることが大切で、それぞれの薄毛の原因を作っている要因に対して効果を発揮する育毛剤ではないと薄毛の症状を改善することは難しくなってしまうのでその点には注意をしてから購入を進めていきましょう。

 

白髪と薄毛の両方に役立つ人工毛

年齢を重ねてくるとさまざまな頭髪トラブルが起こるようになります。

薄毛の症状や白髪の症状が同時に起こるようになってくると育毛剤と白髪染めの両方を使って対策を考える人も中にはいるかもしれません。

白髪染めについては頭髪の白い部分を黒色や他の色で染色して白髪を隠すという目的があります。

反対に育毛剤は、頭髪の生成を促すためや薄毛の進行を抑制するなどの目的を持って使用する場合がほとんどですが、白髪染めも育毛剤も使用を開始すると継続的な使用になることが想定されるので経済面での負担は大きくなります。

白髪染めも育毛剤も人によっては肌荒れの原因になってしまうことがあるので、できれば使用したくないという人も多いのではないかと思います。

そうした場合はカツラやウィッグなどの人工毛を使用することによって両方の状態に対して効果が期待され、白髪染めや育毛剤を使用しなくても健康的な髪の毛が生えているように見せることができるのがメリットです。

逆にデメリットとしては、カツラがとれたり、着けているのが他人が見てすぐばれてしまうのはちょっと恥ずかしいですね。

最近では昔と違ってカツラも進化して地毛と区別が付かないほど良くなっているようですが。

その他のでは、カツラやウィッグについては使用感があるというデメリットや髪の毛が生成されないので違和感があるなどのデメリットもあるようです。

結果的に言えば白髪や薄毛対策をしながら必要に応じて使い分けるなどの方法が使用としてはベストかもしれません。

頭髪のトラブルは周りが思う以上に本人は深刻な問題として捉えていることが多いので、周囲の人も頭髪に対して意識するのではなくなるべく本人に対して頭髪や頭皮に刺激を与えないようにすることが必要になってくると思います。

若い世代だって薄毛や白髪になる!

 

若い間、特に10代や20代は何をしても体が元気なので疲れることも病気になることもほとんどありませんね。

しかし、頭髪の環境については若い世代でも問題を抱えている人が増えており、白髪が若いころから生えてくることで白髪染めを使用して対策をしているような若者もいれば、髪の毛が薄くなってしまうことで育毛剤を使用して頭髪が薄くなるのを防いでいる人などさまざまとなっています。

「若いから大丈夫でしょ。」と言えなくなってきているのも事実ですね。

若年層の薄毛や白髪にはさまざまな原因がありますが、いずれも生活習慣などが乱れて起こることが多くなっており、それによってホルモンのバランスが崩れてしまい健康的な頭髪が生成されにくくなるようです。

ことによって頭髪のトラブルに移行していくというサイクルで、薄毛の場合は一時的である場合もありますが、白髪については収まらない場合も少なくないようです。

白髪染めにはさまざまな種類がありますが、若年層が使用するケースもあることを想定された白髪染め作りをしているメーカーも増えてきています。

特に通販サイトなどではターゲットをピンポイントに狙っているタイプも多くあるので安心して使用することができるのもメリットで薄毛を改善する育毛剤についても多くあります。

ちなみに白髪染めと育毛剤を併用して使用する若者もいるかもしれませんが、それぞれの成分が相互作用して副作用の症状が現れるようなことはほとんどないものの、肌に対しての刺激が強いという理由から肌荒れなどのトラブルが見られることもあるので注意が必要です。

 

白髪染めと育毛剤を選ぶときの注意点と配合されている成分

白髪染めはどちらかというと白くなっている部分を染めるための液剤なので、成分よりは肌に対する刺激の有無や色、トリートメント成分が配合されているかどうかというのが選ぶポイントになってくると思います。

昔に比べると白髪染めの種類はかなり増えているので選ぶ側としては数ある白髪染めの中から自分の希望するものを選ぶことができるメリットは高いと言えるでしょう。

白髪染めは使用を開始すると定期的な使用が必要になるケースが大半なので、少しでも安いものを選んで購入しようという人が多いのですね。

でも安いとトリートメント成分が配合されておらず肌に対しての刺激が強いなどの問題点もあるので選んでいく場合は注意する必要もあります。

 

薄毛で悩んでいる方

 

また、白髪ではなく薄毛に悩んでいる人も少なくないと思いますが、その場合は育毛剤を使用することによって症状の改善を図ることができるので、まずは育毛剤の使用の検討をおすすめします。

しかし、医薬成分になってくると台頭しているのはミノキシジルやフィナステリドになります。

フィナステリドはホルモンに対しての作用になりますが、ミノキシジルについては血流改善がメイン効果になっているため、場合によっては白髪の生成を抑制することができる効果が現れることもあるかもしれません。

また、医薬成分は体に対しの刺激が強くなっているので天然成分によって組成されている育毛剤を使用するのも方法の一つとしてあり、体への影響が小さくなっています。

 

白髪時に気を付けたい薄毛の症状

 

30代になると髪の毛のトラブルや悩みが多くなってきます。

徐々に目立ってくる白髪や薄毛は多くの人が抱える悩みでもあります。そこで今回は白髪染めと育毛剤を併用する場合の注意しなければならないポイントを紹介します。

 

髪の毛の悩み

若い頃はそう目立たなくても30代後半から40代を超えたあたりから一気に白髪の量が増えてくるので、この頃から白髪染めを使用して対策をするようになる人も少なくないと思いますが、白髪染めを使用することによって白くなっている頭髪の部分を改善することができます。

ちなみにこの頃から現れるもう一つの頭髪トラブルとして薄毛の症状がありますが、頭髪が薄くなってしまうこの症状は特に中年の男性に多くなっており、女性と比較した場合に薄毛で悩んでいるのは圧倒的に男性が多くなっています。

一見、薄毛と白髪に関連性があるようには思えませんが、それぞれの症状は老化現象の一つとして知られているので、どちらかの症状が見られるようになると残りの症状も見られるようになることが多いようです。

また、それぞれに相互関係があり、肌のターンオーバーなどの関係からシミなどの症状もこの頃からよく見られるようになります。

ちなみに白髪染めを使用することによって頭髪の状態を改善することができますが、毛穴やメラニンなどに対しての作用があるわけではなく、白くなっている部分を染めるだけの形になるので根本的な改善を目指して使用するものではありません。

薄毛の症状だと努力次第でかなり改善する効果も期待されますが、白髪の症状については改善というよりもこれ以上増やさないようにするという対策がメインであり、どんな人でも将来的には白髪が増えてくるので柔軟に対応できるようになることが必要となってきます。

 

白髪染めと育毛剤の併用

年齢と共に増えてくる白髪ですが、白髪染めを使用している方で頭髪が薄くなってきたという方も多いのではないでしょうか。

頭髪が薄い状態は薄毛と呼ばれており男性は特にAGAと呼ばれる男性特有の薄毛パターンに悩まされるようになるため、人によっては白髪が生えてくるよりも問題視すると思います。

それぞれの改善方法として白髪には白髪染め、薄毛には育毛剤を使用することで症状の改善は図ることができます。

白髪染めにもいろいろな種類があるので、選ぶ場合は自分の頭髪の状態や予算、効果などから選んで行く必要がありますが、頭髪を根本的に改善するという目的があるわけではあなく白くなっている部分を単に染めるという目的のタイプが多くなっているため、育毛剤を選ぶときのように神経質になる必要はそこまでありません。

白髪染めを使用する時に育毛剤の使用もする人がいると思いますが、頭髪や頭皮に対しての影響が少ないように作られていることもあって安心して使用することはできるようになっているものの、きちんと使い方を間違えてしまうと薄毛の範囲を広げてしまうことになるので注意する必要があります。

 

併用する時の注意点

白髪染めと育毛剤を一緒に使う時に注意しなければいけないポイントが一つあります。

それはほとんどの育毛剤にはアルコールが含まれているということが挙げられます。白髪染めの種類にもよりますが、育毛剤に含まれるアルコールによってせっかく綺麗に染めたのに色落ちしてしまう可能性があります。

よって育毛剤を選ぶ時はアルコールの含有量がごく僅かないくものを選ぶと良いでしょう。中にはアルコールが入っていない育毛剤もあるようです。

また、薄毛の症状を改善する育毛剤にはいろいろな種類がありますが、頭髪の生成サイクルが乱れてしまうことによって頭髪のトラブルが起こる場合もあります。

まずするべきことは、育毛剤を使用する前に生活習慣を改善することが必須条件となってきて、食生活を正すなどすることによって完全ではないものの、健康的な頭髪が生えてきやすい状態に変わってきます。

 

頭皮環境の悪化が白髪にも影響|頭皮を正常に保ちトラブル回避

 

人間の頭髪が生成されるのは血液中に含まれている栄養分が頭髪に促されるためですが、頭髪も人間の体と同じく栄養分を失ってしまうと正常な状態で生成されなくなってしまうので、薄毛や白髪など髪の毛のトラブルが続出するようになり健康な頭髪がスムーズに生成されなくなります。

薄毛と違って白髪は白髪染めを使用することによって対策することができるようになっていますが、白髪染めに頼るようになってしまうと、そこからは延々と白髪染めの使用が必須となってくるため、できれば初期の段階で白髪の生成を抑制したいものです。

白髪染めに頼らなくて済むためにも髪の毛に栄養分をたくさん運ぶことが重要になってきますが、生活習慣病になっているような場合は血流の流れがかなり悪くなっていることが想定されるので血流改善を軸においた対策が重要になります。

血流改善の方法にはいろいろありますが、基本的に血液の中にある中性脂肪の量が増えてくることによって血液の流れが悪くなるので、運動や食事制限などをして脂質をとりすぎてしまわないようにすることや不要な中性脂肪を燃焼させることが大切な条件となります。

薄毛と違って根本的な対策が難しいのも白髪の特徴になっており、対策をしたところでいつかは白髪染めのお世話になる日がやってきますが、少しでも年相応の頭髪環境を維持したいのであれば血流改善や生活習慣の改善が必須になり、日頃の生活環境が重要なポイントになってきます。

 

頭髪の生成されるサイクルとは

 

髪の毛はどんな健康な頭皮をしている人でも毎日のように何百本という髪の毛が抜けています。

でも、髪の毛が抜けても無くなることがないのは新しい髪の毛が新たに生成されているためで、抜けては生えるという育毛サイクルによって髪の毛が全体的に減ることがないという仕組みです。

髪の毛の生成サイクルは人によって異なりますが、年代が若くなるほど健康的な髪の毛は育ちやすい特徴があり、年を取るほど健康的な髪の毛の生成は抑制されてしまいます。

白髪も髪の毛の生成サイクルと関連性があると言われており、年を取ると白髪染めが必要なくらい頭髪に白髪が混じるようになってきます。

髪の毛の生サイクルが乱れてくるあたりと白髪の生成が促進されるのは関係性があるようです。

これは薄毛が見られるようになるタイミングと白髪が増えるタイミングが似ていることからも分かりますが、白髪が気になる場合の対策として広く使用されている白髪染めを使用することで白髪を隠すことはできます。

ただし、気をつけないといけないのは頭髪の状態は白髪染めを使用したからといって確実に頭髪サイクルを正常化させることはできず、あくまで色を入れることで見た目に分からないような対策をするに過ぎないので、根本的な改善が図れるわけではありません。

乱れてしまった頭髪の生成サイクルについては生活習慣や食生活の改善が基本になってくると思いますが、ヘアカラーやパーマ剤の使用は頭髪の環境を悪化させることに繋がるので注意する必要があります。

白髪は老化現象?白髪染めの使用と選ぶ際の注意点

白髪は大人になってくると生えてくる毛というイメージがありますが、最近は若年層でも白髪に対して悩みを抱えている人は少なくないと言われており、年寄りのイメージを持つ人も多いことから髪の毛が白くなってしまうことに対して抵抗感を覚える人はたくさんいます。

しかし、最近は白髪染めが普及していることもあって誰にも知られることなく髪の毛の色を変えることができるようになっていますが、黒だけでなく茶色や他の色などカラーリングを兼ねて染める人も少なくないと思います。

白髪染めを選んで場合は自分の頭髪に合わせたケアが重要になってきますが、単に白髪染めを使って白い部分を隠すだけでなく、それを使用することによって頭髪に少なからずダメージがある可能性もあるので、そのダメージを軽減するためのケアも必要になってきます。

老化現象の一つとして知られている症状ですが、単に老化だけでは説明することができない部分もあり、食生活や生活習慣などが乱れてしまうことによっても顕著な白い髪の毛が生えてくる場合があります。

昔に比べるとインターネットなどでさまざまな情報を集めることができるようになりましたが、それと同時にインターネットを使って買い物も便利にできるようになり、白髪染めに付いても通販サイトを利用することによって便利に買うことができます。

年齢が若い人や女性になると白髪染めを使用していることに対してあまり周囲に知られたくないという気持ちを持っている人も少なくないと思いますが、そのような気持ちの状態にある場合でも安心して使用することができるのもメリットの一つだと言えるでしょう。

ただし、選び方を間違えてしまうときちんとした効果を得ることができない場合もあるので、単に費用だけで選んでしまうのではなく中年になると頭髪が抜けやすくなるので選ぶ場合は頭髪が抜けてしまわないようにきちんとフォローされている成分が含有されているかなども選ぶポイントになります。

白髪の疑問と悩み

年を取ってくると目立ってくる頭髪の悩みの一つに白髪の症状があります。

これまでは、黒色の髪の毛に覆われていた頭髪の一部に白色の髪の毛が混じるようになるのが初期の症状で、最初は誰が見ても気付かないくらいの量だったのに、次第に白髪が占める割合が増えていき最終的には黒髪がほとんど無くなってしまいます。

どんな健康な人であっても次第に頭髪の白髪が占める割合は増えることになりますが、老化現象として知られているように年齢を重ねることによって体が老化することが白髪を増やしてしまう原因となっているようです。

ただし、人によって生えてくるスピードには個人差があるのも特徴となっており、年齢を重ねても白髪染めのお世話にならなくても問題ないくらい黒色の髪の毛が多くを示している人も少なくありません。

また、最近はカラーリングなどをして髪の毛に色を付けるのも一般的となっているので、カラーリングをするついでに白髪染めをするという感覚の人も少なくなく、人によって白髪染めに対しての感じ方は異なっています。

昔に比べると最近はさまざまなカラーリング剤が販売されるようになっていますが、どこにいっても同じくらい白髪染めが販売されており、白髪を隠したがる日本人の特徴が商品の陳列などを見てもよく見えてくると思います。

白髪がだめなわけではもちろんありますが、気になるようであればそれを隠すことによって気分も変わってくるので、気分の転換だけでも十分なメリットがあります。

 

 

年を取ると白髪が増えるのは仕方ない

 

年齢を重ねてくると増えるのが白髪ですが、生まれてから成人するまではほとんどの人が黒髪で頭髪が覆われており、白髪が生えていたとしても一本や二本くらいで見た目には分からないのが一般的となっています。

やはり年齢を重ねてくると黒髪の中に生える白髪の割合が少しずつ増えてくるのが現実です。

最近では白髪染めも多くの商品が発売されていますね。

この白髪染めを使用することによって白くなっている部分を黒く染めることができますから、これによって頭部の白髪が気になる場合は対処することができます。しかし、きちんと対処しないと十分に髪の毛は黒く染まらないので白髪染めを使用する場合は自分の頭髪の状態にあわせたものをきちんと購入する必要があります。

昔に比べると通販サイトなどを通じても白髪染めを購入することができるようになっているので、安心して選んでいくことが可能になっていますが、通販で購入する場合は年齢や髪の毛の状態にあわせてきちんと対応したものを購入しないと
元に戻らないこともあるようです。

年を取ると白髪が増えるのは老化現象に伴うものなので致し方ない部分もありますが、生活習慣や食生活などが関連して白髪が増えているような場合もあるので、この場合は日頃気をつけることによって頭髪の状態を改善することができます。

白髪染めを使用する場合は自分で使用するケースや美容室でしてもらうケースもありますが、どちらの方法でする場合も髪の毛が生えてくると白い部分が再び目立ってくるので生え際対策をすることも怠らないようにしたいですね。

 

 

年齢以外で白髪が増えるパターンを考える

病気の発症で増える

病気になり、薬の副作用によって白髪になる場合があります。

病気には数多くの種類がありますが、症状が軽度で自分では発症していることには気付かないくらいのものや命に関係するような重篤な病気であるケースもあり、それを治療するために医薬品を服薬している人も多いと思います。

医薬品は体の変調を改善するために使用する場合や原因となっている菌やウイルスを撃退するなどさまざまな目的を持って使用するので、一概に医薬品を服薬することによって得られる作用については言えない部分もありますが、正しく服薬しないと強い医薬成分の働きによって副作用が出る場合もあります。

この副作用の働きによって白髪が増えてしまうこともありますが、老化ではなく病気なので年齢に関係なく白髪が生えてくるのが特徴となっており、若年層でも白髪染めを使用して対策をしていることも少なくないようです。

また、病気が直接的な原因となって白髪が生成したので、それを対処するために白髪染めを使用して対策している人も中にはいますが、白髪染めを使用する場合は正しく使用しないと肌荒れの原因になってしまうこともあります。

特に病気や医薬品の副作用によって白髪染めが出ている場合については医薬成分によって体のあらゆるところに負担がかかっている可能性があるので、下手に白髪染めを使用してしまうと体に悪影響を与えてしまうことも考えられます。

白髪は若い人ほど深刻な悩みなりやすいのが特徴ですが、悩むことが白髪に悪影響になることもあるので悩み過ぎないようにすることが大切です。

 

生活習慣で増える

 

生活習慣が原因となって起こる病気にはさまざまな種類がありますが、人間の体はバランスが崩れてしまうと体に変調が現れるような繊細な体をしているので、日頃から規則正しい生活を心がけることが大切で、体のバランスを整えることが大切になってきます。

中年期以降に多く見られる白髪の症状も単に老化現象としては片付けることができない部分があり、老化ではなく生活習慣が原因となって白髪染めが必要になるくらいに白髪が増えてしまうケースも実際には多くあるので日常生活を正すことも重要なポイントになります。

生活習慣が乱れることによってホルモンバランスが崩れやすくなりますが、ホルモンバランスが乱れることによって頭髪の状況や環境が悪化してしまうことにつながり、これまでのつやつや感もなくなってしまうことによって髪の毛全体が老化したような感じになってしまいます。

昔に比べると白髪染めの性能や性質は向上しており、さらには頭髪が傷んでしまわないためのトリートメント成分が含有されているなど白髪染めとしてだけでなく髪艶を復活させることを目的として使用するようなケースも増えてきておりダブルの効果が期待されます。

なかなか作られてしまっている日常生活を元に戻すことは難しいかと思いますが、白髪の生成を抑制することができると言うことはそれだけ白髪染めの必要性やそこにかかるコストが低減されることにも繋がるので、それだけでも十分にメリットがあります。