男性と女性の白髪と薄毛の違い

 

 

男性と女性では白髪のパターンに特徴的な違いが現れることもありませんが、薄毛については男性がなりやすく女性はなりにくい特徴があります。

これはドラッグストアで販売されている育毛剤の種類などを見ても分かると思います。

しかしながら白髪の進行速度に関しては男性も女性もそこまで大きな違いはないので、白髪染めについては男性用や女性用が均等して販売されています。また、髪の毛の総量が女性の方が多いことやより白髪染めで隠したがるのが女性であることもあって女性の白髪染めの方が種類は多くなっています。

また、白髪染めは通販などを通じても購入することができるようになっているので自宅にいながらでも人目を気にすることなく購入することができますが、薄毛を改善するための育毛剤についても購入する手段にはいろいろあるので安心して入手することができます。

ただし、気をつけないといけないのは男性の薄毛の症状は男性ホルモンの作用が働くことによって症状が起こる場合が多くなっています。

一方の女性についてはどちらかというとストレスや出産前後のホルモン分泌の不安定化が起因することが多いため、根本的な要因は異なっています。

育毛剤を購入して使用する場合は間違えない選び方をすることが大切で、それぞれの薄毛の原因を作っている要因に対して効果を発揮する育毛剤ではないと薄毛の症状を改善することは難しくなってしまうのでその点には注意をしてから購入を進めていきましょう。

 

白髪と薄毛の両方に役立つ人工毛

年齢を重ねてくるとさまざまな頭髪トラブルが起こるようになります。

薄毛の症状や白髪の症状が同時に起こるようになってくると育毛剤と白髪染めの両方を使って対策を考える人も中にはいるかもしれません。

白髪染めについては頭髪の白い部分を黒色や他の色で染色して白髪を隠すという目的があります。

反対に育毛剤は、頭髪の生成を促すためや薄毛の進行を抑制するなどの目的を持って使用する場合がほとんどですが、白髪染めも育毛剤も使用を開始すると継続的な使用になることが想定されるので経済面での負担は大きくなります。

白髪染めも育毛剤も人によっては肌荒れの原因になってしまうことがあるので、できれば使用したくないという人も多いのではないかと思います。

そうした場合はカツラやウィッグなどの人工毛を使用することによって両方の状態に対して効果が期待され、白髪染めや育毛剤を使用しなくても健康的な髪の毛が生えているように見せることができるのがメリットです。

逆にデメリットとしては、カツラがとれたり、着けているのが他人が見てすぐばれてしまうのはちょっと恥ずかしいですね。

最近では昔と違ってカツラも進化して地毛と区別が付かないほど良くなっているようですが。

その他のでは、カツラやウィッグについては使用感があるというデメリットや髪の毛が生成されないので違和感があるなどのデメリットもあるようです。

結果的に言えば白髪や薄毛対策をしながら必要に応じて使い分けるなどの方法が使用としてはベストかもしれません。

頭髪のトラブルは周りが思う以上に本人は深刻な問題として捉えていることが多いので、周囲の人も頭髪に対して意識するのではなくなるべく本人に対して頭髪や頭皮に刺激を与えないようにすることが必要になってくると思います。