白髪時に気を付けたい薄毛の症状

 

30代になると髪の毛のトラブルや悩みが多くなってきます。

徐々に目立ってくる白髪や薄毛は多くの人が抱える悩みでもあります。そこで今回は白髪染めと育毛剤を併用する場合の注意しなければならないポイントを紹介します。

 

髪の毛の悩み

若い頃はそう目立たなくても30代後半から40代を超えたあたりから一気に白髪の量が増えてくるので、この頃から白髪染めを使用して対策をするようになる人も少なくないと思いますが、白髪染めを使用することによって白くなっている頭髪の部分を改善することができます。

ちなみにこの頃から現れるもう一つの頭髪トラブルとして薄毛の症状がありますが、頭髪が薄くなってしまうこの症状は特に中年の男性に多くなっており、女性と比較した場合に薄毛で悩んでいるのは圧倒的に男性が多くなっています。

一見、薄毛と白髪に関連性があるようには思えませんが、それぞれの症状は老化現象の一つとして知られているので、どちらかの症状が見られるようになると残りの症状も見られるようになることが多いようです。

また、それぞれに相互関係があり、肌のターンオーバーなどの関係からシミなどの症状もこの頃からよく見られるようになります。

ちなみに白髪染めを使用することによって頭髪の状態を改善することができますが、毛穴やメラニンなどに対しての作用があるわけではなく、白くなっている部分を染めるだけの形になるので根本的な改善を目指して使用するものではありません。

薄毛の症状だと努力次第でかなり改善する効果も期待されますが、白髪の症状については改善というよりもこれ以上増やさないようにするという対策がメインであり、どんな人でも将来的には白髪が増えてくるので柔軟に対応できるようになることが必要となってきます。

 

白髪染めと育毛剤の併用

年齢と共に増えてくる白髪ですが、白髪染めを使用している方で頭髪が薄くなってきたという方も多いのではないでしょうか。

頭髪が薄い状態は薄毛と呼ばれており男性は特にAGAと呼ばれる男性特有の薄毛パターンに悩まされるようになるため、人によっては白髪が生えてくるよりも問題視すると思います。

それぞれの改善方法として白髪には白髪染め、薄毛には育毛剤を使用することで症状の改善は図ることができます。

白髪染めにもいろいろな種類があるので、選ぶ場合は自分の頭髪の状態や予算、効果などから選んで行く必要がありますが、頭髪を根本的に改善するという目的があるわけではあなく白くなっている部分を単に染めるという目的のタイプが多くなっているため、育毛剤を選ぶときのように神経質になる必要はそこまでありません。

白髪染めを使用する時に育毛剤の使用もする人がいると思いますが、頭髪や頭皮に対しての影響が少ないように作られていることもあって安心して使用することはできるようになっているものの、きちんと使い方を間違えてしまうと薄毛の範囲を広げてしまうことになるので注意する必要があります。

 

併用する時の注意点

白髪染めと育毛剤を一緒に使う時に注意しなければいけないポイントが一つあります。

それはほとんどの育毛剤にはアルコールが含まれているということが挙げられます。白髪染めの種類にもよりますが、育毛剤に含まれるアルコールによってせっかく綺麗に染めたのに色落ちしてしまう可能性があります。

よって育毛剤を選ぶ時はアルコールの含有量がごく僅かないくものを選ぶと良いでしょう。中にはアルコールが入っていない育毛剤もあるようです。

また、薄毛の症状を改善する育毛剤にはいろいろな種類がありますが、頭髪の生成サイクルが乱れてしまうことによって頭髪のトラブルが起こる場合もあります。

まずするべきことは、育毛剤を使用する前に生活習慣を改善することが必須条件となってきて、食生活を正すなどすることによって完全ではないものの、健康的な頭髪が生えてきやすい状態に変わってきます。