【白髪染めの種類】ヘアカラーの白髪染めで直接染色

 

 

白髪染めを使用する年代は40代を超えたあたりからというイメージが強くありますね。

最近は整髪料やヘアカラーなどを多用することによって頭髪が傷んでしまっている若年層が増えていることもあって若いうちから白髪染めを使用して対策をしている人も増えてきています。

しかし、白髪染めと言っても真っ黒に染まるタイプを使用するのではなく色がついているタイプを使用することが多くなっているのでマニキュアタイプやヘナなどを使用するのではなく白髪染めに対してもヘアカラーを使用するケースが少なくありません。

ヘアカラーは強い着色力があるということもあって高い効果が期待される一方で、頭髪や頭皮に対して与える刺激が強いという難点があります。

やはり刺激が強いと頭皮にはよくありませんからね。

なので使用することによって薄毛の原因を作ってしまうことがあることを考えると使用におけるメリットについては一長一短の部分があります。

最近では若い世代のヘアトラブルは、こうしたパーマやヘアカラーなどの影響も少なくありません。

白髪染めの中にはさまざまな種類がありますが、それぞれのタイプによって作用の仕方は違っているので、自分の頭皮や頭髪の状態から考えてマッチするものを選んで使用することをおすすめします。

また、ヘアカラーの場合だと自分ですると色ムラができやすいなどのデメリットがあるので、美容室に入って染めてもらうのも方法の一つとしてあり、自分で染める場合と違って色ムラがでにくいので安心です。

ただし、2週間程度で髪の毛がはえてきて白髪が目立ってきますから再び色を入れないといけないのでコストは余計にかかってしまう懸念材料もあります。

 

ヘアカラーでアレルギー

 

ヘアカラーが始めての方、したことがある方でも体質などの変化により頭皮が赤くなったりかぶれたりする場合があるようですから注意が必要です。

中には結婚式などを控えていてどうしてもヘアカラーしなけばならない状況の方もいらっしゃると思います。

そんな時は体質によっておこるかぶれなどがないかを調べる皮膚アレルギーのパッチテストをすることがおすすめです。

このテストはヘアカラーを行う2日前(48時間前)に行います。

詳しい手順については日本ヘアカラー工業会で動画で説明しています。

 

負担の少ない白髪染めならマニキュアタイプ

白髪染めを使用する目的として生えてきている白い髪(生え際)を隠すことがありますが、薄毛と違って多くの人が加齢に伴って白髪の症状に悩まされるようになりますから、男性だけでなく女性も白髪染めを使用して対策をするようになります。

使用する年代や年齢層についてはバラつきがあり、若い人でも早いうちから使用して備えていることがあります。

薄毛と違って白髪染めを使って白髪の部分を染めるだけで簡単に対策をすることができるのが利点です。

しかし40代以上になってくると頭皮や頭髪の環境が弱ってきているため、場合によっては白髪染めを使用することによって頭髪の負担を増やしてしまい薄毛を促してしまう場合もあるので気をつける必要があります。

頭髪や頭皮に対しての負担をできるだけ抑えるという部分に軸を置く場合はマニキュアタイプをおすすめしますが、色を抜いて色を入れるというタイプではなく肌への刺激が少ない成分で色を直接的につけるのが目的となっているので使用についてのリスクはかなり小さくなっています。

ただし、マニキュアタイプの場合は色が落ちやすいというデメリットもあり、髪質によってはなかなか色が入らないことによって色ムラが顕著になってしまうこともあります。

そのため、白髪の状況や頭皮、頭髪の状態によって使い分けることをおすすめしますが、肌が強い場合はマニキュアタイプではなくカラーリングを使ってきれいに染め上げる方が仕上がりはきれいになる場合がほとんどです。

 

マニキュアタイプの白髪染め選びのポイント

あなたはヘアマニキュアを選ぶ際に何を基準に選びますか?

値段が安いことはもちろんですが、

「髪と頭皮に負担の少ないもの」

これが一番ではないでしょうか。

市販の一般的なヘアマニキュアだとやはり、髪や肌への負担がありますから、選ぶなら無添加タイプがベストです。

簡単に染まるか?
どのくらいもつのか?
肌への刺激は?

これらを考慮して選ぶなら

低刺激である
ダントツに染まりやすい
特許成分を配合することで色落ちしにくくしている

これらを留意して選びたいですね。